マンション相場を徹底解説

地域によるマンションの相場

地域によるマンションの相場

地域によるマンションの相場 職場までのアクセスや資産価値の高さを重視してマンションを買う人が多いために、最近では地域によって価格の格差が広がっています。特に都心エリアのマンション価格は高値傾向が続いており、ファミリー向けの物件の相場は1億円前後です。土地の価格が高くて人気のある地域なので、都心エリアのマンションは将来的な値下がりのリスクも小さいです。そのために住みながら不動産の値上がり益が得られるために、富裕層の間ではとりわけ人気があります。
しかし郊外の中古マンションは価格が手ごろなので、20代でも気軽に購入できるのが魅力的です。相場が1000万円程度のエリアであっても、都心のオフィス街に通勤することが可能です。郊外の格安な中古物件を探す時には、入居前に十分なリフォーム工事を行うことを前提にして購入対象を絞り込むべきです。キッチンを交換したり間取りを改造すると、建物の老朽化が進んでいる場合であっても住み心地は大幅にアップします。

マンションの相場を把握するための調べ方について

マンションの相場を把握するための調べ方について マンションの相場を知りたい場合には、住みたいエリアや物件を探しているエリアでの平均的な価格帯を把握することからです。資産価値は主に、立地や広さ、築年数によって変動します。都心部へのアクセスが良い場所や駅から近い場所、日当たりの良い場所などの物件は需要が高いため、価格も高めに設定されている傾向があります。
しかし、設備機器のグレードや間取り、内装などはマンションであってもリフォームすることで変えることができるため、価格への影響は少ないとされています。中古の物件の場合は、リフォームやリノベーションを前提に探すこともあるため特に築年数や立地、広さなどの工事では変えることができない部分を重視して調べることになります。
すでに売れてしまった物件は情報が取り下げられますが、過去の取引事例を確認できるサイトを使って平米単価を知ることも可能です。平米単価を調べることで、自分の住みたいエリアの相場を把握することが可能です。