マンション相場を徹底解説

マンションの情報が満載!

マンションの売却金額は、物件の階数や願望、日当たりや間取り、室内状況など様々な要素を勘案して不動産会社が決めることになります。
もちろん一番大きな要素は駅からどれ位の距離にあるのかと言うことですが、場所的な問題だけではなく周辺の環境や立地条件によっても大きく変わって来ます。
また騒音や振動なども価格に大きな影響を及ぼすことになるので、今住んでいる物件を売りたいと思ったらこの点をよく考えるようにした方が良いです。

マンション売却金額は何で決まる?

マンション売却金額は何で決まる? マンションを売却することを考えている人にとって大きな関心事はどれ位の金額で売ることが出来るかと言うことですが、これは築年数はもちろんのこと駅からの距離など立地条件などによって決められることが多いです。
もちろんそれだけではなく階数や景観、騒音やバルコニーの有無など他にも様々な要因があり、全てを勘案して不動産会社が売却価格を決めることになります。
ただ不動産会社によってマンションの売却価格は変わって来ることもあるので、この点は注意が必要でどこの会社に依頼をすれば良いかよく考えることが大切です。
とは言っても素人ではよく分からないことが多く何を参考にしたら良いのか困ってしまう場合もあるので、その時は不動産会社に相談に乗ってもらった方が良いです。

マンションを売却するときの価値はどれくらいになるの?

マンションを売却するときの価値はどれくらいになるの? マンションの価値は通常新築のときが最も高く、築年数がたっていくごとに下がっていきます。
したがって築年数というのは売却価格や査定価格にダイレクトに影響を及ぼします。
しかしマンション価格の下落率は常に一定というわけではなく市場の動向にも左右されます。
土地を除いた建物だけの値打ちは新築のときが一番高く、極端な話1日だけでも誰かが住んでしまうと中古の建物になり、資産価値は約2割程度下がってしまいます。
極論なので実際は築1~2年の建物であればもっと高く購入してもらえると思います。
現実に各主要都市では新築から1年ほどで約1割のが目減りしています。
このように新築マンションの値打ちは新築からの数年で大きく下がり、徐々に下落率は安定していきます。
築年数が大きな影響を及ぼすことはまちがいないのですが、それだけでは計算できず、購入したタイミング、売るタイミング、エリア、市場の動向によって下落率は大きく変わります。
今現在その建物にどれだけの値打ちがあるかは実際に不動産会社に査定してもらわないと分かりません。
マンションは売りやすいタイミングも、売りにくいタイミングもあります。
しかし、どんな築年数のマンションでもまったくの無価値になることはありません。

マンションに関する情報リンク

マンション 売却